<< それぞれの想い | main | no bite 10th >>

アジャスト能力

0


    自分は釣り場に来たら、帰りはクタクタになるくらい真剣に釣りをする。真剣に釣りをしているとひらめきのような想いがふと頭をよぎる時がある。
    この日もそうだった。
    実行すると途端にバイト数が増え、疑心暗鬼だった想いが確実性を帯びてくる。
    辞められなくなる瞬間だ。
    この日はキャストコントロールだった。
    おざなりだったキャストをタイトにタイトに修正。すると先に述べたことが起きだす。勝手な状況判断や思い込み、釣り場の雰囲気に流されていたのだと思う。
    当たり前だけど、キャストって大事を再認識させられた。
    距離感、アキュラシー、プレゼンテーション、トレースコース全てが理想通りに決まるとやはりバイトが得られらやすいのは気のせいではないと思う。
    キャストだけではなく、それらを含め複合的にプラグに与えるアクションもまた然り。
    時期的な可能性に期待するだけでなく、それらが無意識に出来て初めてアキノアラグイなる恩恵にあずかるのではないでしょうか。



    たまたまいい釣りだったからこんなこと書けるけど、当然、おかしな事をやりだすことも結構ある。



    ふくろうず 「ごめんね」



    plutonium syrup





    コメント
    コメントする









    calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    selected entries
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM