<< マッディシャローへ | main | 連休の釣果 >>

津久井湖の怪物

0


    マッディシャローの翌日、天気が大荒れの水曜日。
    今度はninnaの松山さんと津久井湖釣行。連日の釣行ということです。
    自分も今年初の津久井湖。前情報なしのぶっつけ本番。自分の経験値がどこまで通用するか楽しみ。
    いざ、ビルダー2人で津久井湖チャレンジ。
    意気揚々到着して湖を見てまず焦ったのがフル満水だったってこと。2ケツでこのど満水はかなり辛い。
    …やばい。
    最悪と思われるこの現状を受け入れとりあえず出船。雨も本降りになってきた。 しかし毎回、朝一番で流すストレッチを見て本気で焦りだす。これは…マジで打てない。
    水面と生い茂る木々がつらっつらでプラグを投げ入れる隙間なし。なんなら葉っぱが浸かっている状態。岸際は遥か奥。 これで我慢と根性の釣りが一日続くのは確定。
    されど、ゴールデンウィーク前のこの日の天気図。津久井湖のモンスター一発狙いなら正にこのタイミングしかない。もう致し方ないのである。2人で改めて現状を受け入れるのでした。
    急遽、予定変更して近くのワンドへ現実逃避。貴重なじっくり打てる数少ない場所だ。
    まだ濁りは入っていない。
    最奥手前でニュートラルなデカバスを発見。ルアーには興味なし。でも自分的には貴重な情報。
    この状況でも岸際が露出しているであろう打ちやすい場所を考え上流に向け釣り進む。
    雨は更に強くなる。しかし、有難いことに強風予報の風は殆ど吹いていない。
    これが唯一の救い。
    このど満水で風が強く吹き出したら撤収も視野に入れるようだ。
    朝一と同じ様なワンドへ入るとまたバスを発見。優に50cmを超えてくるサイズの魚が一段下にサスペンドしている。こいつらのスイッチが入ることを願うばかりだ。
    途中、流れ込みからは激しく濁流が押し寄せる。濁りの境目などにルアーを通してみるが反応はない。
    最上流、道志川のバックウォーターまで来た。可能性はゼロではない。信じて打つ。ドリフトで流し込む。しかし、指していてバイトしてくる魚はいなかった。
    折り返し。やはり投げれる場所は限られている。攻めきれたポイントはいったい湖全体の何パーセントだろう。ハングがきつすぎてほぼ打てない状況が更に続く。
    それでも松山さんは、集中力途切れることなく正確なキャストでルアーをぶち込んでいく。
    雨も上がり湖がチョークする実績のあるストレッチで松山さんに待望のバイト。 が、丁度ルアーが水中の枝を越えたと同時のバイトだったのでその枝が邪魔をして深くバイトしきれなかったのが自分の角度から見て取れた。
    でかかったです。惜しい。
    これで釣り人の活性は上がった。下りながら打てる場所を丁寧に攻める。濁りの取れかかった流れ込みでまた松山さんにメガバイト。しかし、乗らず。
    何度か通した後、自分も投げてみる。
    すると、2投目でバキュームバイト。
    瞬間でかいと確信。
    重量感たっぷりの引き。
    こちらに向かって突っ込んでくる。
    あっという間に魚は船縁。
    ここにきて争う。
    暴れる魚。
    魚体が見えた。
    間違いなくモンスターだ。
    針がかりは問題ない。
    ネットを構える松山さん。
    争う巨大なブラックバスをそのネットに誘導する。
    ネットイン。



    獲った。
    巨大なブラックバス。
    手が震える。
    これが津久井のフットボールバス。



    体高も幅もあるブリブリの54cm。
    日を選び場所を選択して狙い定めて獲ったモンスター。
    してやったりの感慨無量。



    これがあるからたまらない。
    松山さんも興奮してくれている。
    目の前で大物捕獲を見てもらえて本当に良かった。
    名残惜しい魚だ。ありがとう。ブラックバス。
    気持ちを切り替える。時間はまだあるのだ。最後まで諦めない。再度あの興奮を味わいたいから。
    一旦、場を休ませる。
    また他の魚が着いていてくれていることを願って。
    付近の有望場所を打ってその時を待つ。 戻って来た。ラストだ。
    信頼できるルアーを丁寧に通す松山さん。祈る思いで見つめる自分。
    残念。再び魚からの反応は得られなかった。
    終始思うように攻めきれず歯痒い思いをした今回の津久井湖。
    けれど全力で向き合った。
    よく耳にする言葉だけど、諦めずに信じて投げきればきっと何かが起こる。そう改めて感じられる結果となった。
    でかい魚は人を幸せにする。
    松山さん、ありがとうこざいました。また行きましょう。
    ありがとう、津久井湖。

    去年も同じ様な時期でした。



    plutonium syrup





    コメント
    コメントする









    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    selected entries
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM