早く涼しくなって

0


    って毎年言ってるな。
    先月7月は、なさけないことに1回しか釣りに行ってない。
    暑いのが苦手で夏が嫌いっていうのも大いにあるんだけど、私的ごとでバタバタだったのです。
    ショップオリカラや周年ルアーも延び延びの押せ押せな状況。
    関係ショップ様、すみません…。
    このバタバタはまだちょっと続きそう。モチベーションも上がらないし、いいことがひとつもないので早いとこけりをつけないと。
    できない理由を探して、やらずにいる自分にもうんざり。

    とは言っても、たまには息抜きも必要。



    試作のテストなんかも兼ねて、ほぼ1ヶ月ぶりの釣り。



    行った場所は減水でエントリーがとっても大変。上流は水が悪く、生命感も感じられずにUターン。
    それでも、やっぱり魚釣りはいい。暑いけど。




    ちゃんとしていない自分が生意気言って気がひけるのですが、最近、SNSなんかでたまに見かけるバスのキャッチ&リリースシーン。
    あれってどうなんでしょう…。ちょっと考えちゃいますね。



    clammbon "タイムライン"



    plutonium syrup





    空梅雨

    0


      もう暑くてたまらない…。
      暑くて釣りにも行く気になれないし、作業してても暑すぎる。 ここ相模原は雨も全然降らない。
      早く涼しくなってくれ。

      都会はさらに暑かった。
      ビルダーの熱い思いが直に聞けたのは出向いた甲斐があったかな。
      こっちの熱さは大歓迎。いい刺激になったぞ。



      ニトロデイ "青年ナイフ"



      plutonium syrup





      ランカーフィッシュ

      0


        そっか。こっちだったか。
        夏の定番場所。
        星子くん。sweet F.Aで。



        でかい!
        釣れた場所では最大クラスではないでしょうか。
        顔がとんがってて、尾ビレがでかくて引きが強そうな魚だ。
        やりましたね、おめでとう。
        そして、ありがとう。
        自分が行ったところで釣れる保証は無いんだけどね。



        plutonium syrup




        豆サイズ

        0


          午後にぱらつく予報の4日、火曜日に夏水位で減水の津久井湖へ。
          たいして釣れもしなかったのでどうでもいいんだけど、最近とくに書くこともないし後日読み返して自分の釣りのヒントの為にもサラッと。



          結果、2バラシ、2キャッチ。
          しかも、2本とも豆サイズ。元気は良かったんだけどね。ばらした2匹も同じようなサイズだった。
          釣れたルアーは2匹ともcelldvison。
          一発大物狙ってルアーと釣り人の気合いは充分だったんだけど、肝心の魚からの反応はいまひとつ。



          大型のチェイスも何度かあるにはあったが、ポジションが深く食い気がない感じ。タイミングかな。まぁスレているのでしょう。
          それでもぼうずは何とか免れだので良しとしなければ。
          この日、操作系には殆ど反応はなく、あったのは巻物のみ。巻物を操作してもダメ。その部分はサイズ関わらずはっきりとしていたところ。どうしてだろう。



          Fazerdaze "shoulders"



          plutonium syrup





          2017 琵琶の海

          0


            早めの夏休みを取って琵琶湖では2回目となるカヤックでの釣行。
            ジョンの時とやる場所は変わらないので、体力的に少し不安はあるがカヤックなりの楽しみ方で釣りが出来ればいいなと。
            あわよくば大物を仕留めると。

            4日間の休みの内、前後は移動日で半日の釣りだったり、強風で釣りにならない時もあり、恒例の京都観光もしたものだからガッツリ釣りこんだって訳ではないのだが、まあまあの釣果に恵まれた。

            到着して既に日が昇りきったその日の朝はいきなり外す。
            夕まづめになんとかチビを数匹。
            毎回、釣れている場所が無反応だったりと状況はかなり渋め。
            明日の雨予報に期待。
            翌朝、暴風雨の中目覚める。雨はまだしも風がやばい。しかも結構寒い。しばらく様子を見て風がだいぶ治ったタイミングで湖へ。
            で、やっとまともなサイズ。



            brilliant leeの強めのジャークでナイスバイト。雨効果でしょう。
            その後、同じアクション中の一工夫でバイトさせるもばらす。
            また風が強くなってきたので風裏に移動。
            シャロー、点在する葦の際で今度は modestyでバイト。
            目の前のバイトに焦り対応しきれずまたもやばらす。へたくそだ。
            見えた魚は結構でかかった。
            一旦上がり、夕まづめに入り直す。
            が、ノーバイト。
            冷たい大雨で濁りも入り、状況が一変してしまったのか…。年に1、2回しか来れない場所なので何とも言えないが。そういう事にしておいてください。





            翌日は朝から京都観光。
            大して釣ってもいないのに。
            日頃の感謝と、戻って沢山釣れますようにと手を合わせ、まづめ時に間に合うように急いで戻る。



            ちょっとそれるが、初日に関東から来ていたトップな釣り人に声をかけられ、しばらく話していると明日、川橋さんのガイドを受けるという。以前、川橋さんとはここ琵琶湖でお会いしたことがあったので、よろしくお伝え下さい。と話していた。
            すると京都から戻っている最中、川橋さんから連絡が入る。
            「今日はもうガイドも終わったので良ければこれからご一緒しませんか?」と。
            釣りあぐねていた自分には渡りに船。藁をもすがる思いでまづめ時の短い時間だが、ご一緒させていただくことにした。
            今の琵琶湖の感じや、魚の状況など 決してお金では買えない貴重な情報を短時間で、固定観念を捨て去り一気に吸収。
            予習十分で明日に臨む。



            気合い充分で臨んだ朝一は、なんと無反応。多分、場所が間違っている。移動するなら今だと即決断。カヤックならでは。
            で、移動した場所ですんなりキャッチ。



            やっぱり。
            シェードから飛び出してきた元気なバス。ここぞと言ういい場所の岸ベタ。冷静に判断してイージーではなさそう。 更にあれやこれやとルアー交換して釣り進む。
            ブッシュが絡むマンメードストラクチャー沿いをトレース出来るようにキャストして2、3回の首振りでメガバイト。



            素晴らしい突っ込みを見せ、上がってきたのはグットコンディションの51cm。
            UPキャッチ成功。



            これもかなりタイトに攻めた結果だ。
            更に釣り進み、これまたびっちりタイトに小技を織り交ぜバイトさせた魚。



            居るところには居る感じだが、タイミングも重要だし、何より気難しくセレクティブ。
            日も高くなり暑さもいっそう厳しくなりバイトも遠のいてきたので一旦休憩。
            同じ場所に夕まづめ入ったが1バイトに終わる。なかなか悩ましいものだ。



            いよいよ最終日。
            朝のいい時間だけチャレンジ。
            初日に入った場所。川橋さんともやった場所だ。3回目。大体感じは掴めている。
            今のところ風も無く釣り易い状況。教わった通りのアクション、そしてポイント。
            直ぐに結果は出た。サイズが今ひとつだったので写真は無し。時間が勿体無い。 更に丁寧に打って行く。風裏になって更に凪いでいる小場所に竿の先に結んである
            celldvisonをキャスト。もちろん、教わった通りのアクション。
            すると静かだがトルクフルなバイト。大きそうだ。
            寄せてきた魚は…でかい。
            網を突っ込むと更に大暴れ。無我夢中で何とか掬った魚は間違いなく50upだ。



            朝日にバス。今回の最大魚54cm。
            痩せ気味でキズが痛々しいバスだったが2本目の50up。嬉しい。



            川橋さんのアドバイスのお陰。
            ありがとう。
            あの出会いがなかったら獲れていなかった魚だ。本当に感謝。
            まだ少し時間も早いがこの魚で今回は納得したので上がることに。
            なんだかんだで十数匹のキャッチ。十分楽しめた。
            また、いつになるかわからないけれど来れるように頑張ろうと思うのです。





            Björk -Hunter



            plutonium syrup




            梅雨入り

            0


              減水が止まらないダム湖へ。
              急な用事で呼び出され2、3時間と短い時間にも関わらず、元気いっぱいのバス達が相手をしてくれた。



              サイズ的には今ひとつな感じだけれど、かなり釣りやすい時期になった。



              とあるシャローではデカバスの群れを発見。ボックスのルアーをひと通り投げるもチェイスこそすれどバイトまではなかなかね。



              夕方まで出来ていればもしかしたらチャンスもあったかも。



              梅雨が明けたら苦手な夏がやって来てしまうので、今のうちに釣りに行こう。



              METAFIVE "Cue"



              plutonium syrup




              空いた時間

              0


                作業の合間の午前中、カヤックで単独釣行。取水の影響なのか結構、減水していた。これからまだまだ減るのでしょうか。雨も少ない気がするし。
                上流方面を見るも濁りきつめ。やる気になれずにすぐに戻る。
                エントリー場所から下流はクリア。魚っ気も十分でボイルもちらほら。明らかにこっち方面。その綺麗な水の場所でこの日一番まともなやつ。



                大きさにこだわらなければだいぶ釣りやすい季節になった。
                もっと大きいやつのチェイスも何度かあったりして、夕まづめのタイミングで、もしかしたらと思ったがそこまで待てず早めに切り上げ終了。
                状況が変わってしまったら外すかもしれないが、次は朝一番で入ってみよう。



                FRANKIE COSMOS "Too Dark"



                plutonium syrup





                朝イチ釣れていなければ…

                0


                  一昨日は久しぶりにテツくんと釣り。



                  開始早々2人していい魚を獲り、 今日は楽勝と思いきや、その後が続かなかった。
                  2回目の場所ということもあり、この状況が良いのか悪いのかも分からずとりあえず投げ続けたが、朝の感じから一転、無反応。
                  で、そこにいなかったらどうする? って所でようやくバイト。



                  2本目。良かった、いたね。



                  更におまけのビックゲスト。釣りたいって言ってたから良かったかな。
                  嬉しそうだ。

                  強風と強い陽射しのうえ、バイトもないので長い昼休憩。

                  場所移動も面倒なので休憩後も朝の感じを夢見つつ、同じ場所にエントリー。
                  暗くなるまで投げ続けたが結局、何もなしでした。
                  朝イチの魚で調子に乗った末路。
                  でも楽しかったから良しとしよう。全然ダメだったって訳じゃないんだしね。
                  テツくんありがとう。また行くべ。



                  plutonium syrup




                  釣果報告

                  0


                    星子くん。
                    先週土曜日の釣果。
                    自分が津久井湖に浮いていたその日、別の場所でトータル17本。
                    内、5本がsweet F.A。


                    いくら雨効果とはいえ、この数にはびっくり。一日釣れ続けたって感じですかね。
                    場所は違えどお互いいい釣りをしていた様子。
                    色々なルアーで結果を出せるあたり流石です。
                    ありがとうございます。



                    plutonium syrup





                    津久井湖モンスター

                    0


                      雨の土曜日、家から15分ほどの津久井湖へ行ってきた。
                      なんと今年はまだ2回目。他の場所に行きまくったので全然行けてない。よくないな。近いのに。
                      そんな雨の土曜日、予報よりも気温が低いのではないだろうか。雨が強くなると、一緒に冷たい風も吹き抜けて意外と寒い。セットで押し寄せる。
                      水位、−1.5mくらい。ハングが効いて丁度いい。
                      朝一は自分的に実績のあるストレッチを流す。毎回ほとんどこのストレッチを流すパターンで始める。
                      そうするとなんとなくこの流域の感じが掴めるから。
                      ベイトボールも確認でき、雰囲気は良さげ。水はやや濁り。
                      しかし、何もないままストレッチも終盤。なんとなく、いつもはあまりやらない所まで撃ち進む。
                      と、岬が絡む雰囲気抜群の冠水植物。ロングキャストでその際を引いてくる。
                      一投目、スルー。
                      反対側も同じくロングキャスト。ゆっくりトレース。
                      するとバイト。結構でかい。
                      いきなりupかと思いきや、半分くらいまで寄せたところでフックアウト…。
                      だいぶショック。完全に自分のミス。言わなくても分かってる。
                      気を落ち着かせる為、とりあえず前後共フック交換。朝からね。
                      更に進み、今度はマンメイドストラクチャーの際。同じくゆっくりトレース。
                      で、また出た。今度もでかそう。ついさっきミスったばかり。同じ過ちは繰り返さない。フックは交換したばっか。心の中で唱えながら。
                      水深がある所なのでゴンゴン突っ込むが、ここは慎重にやりとりしてキャッチ。



                      50upといきたいところだが数ミリ足らずの49cm。
                      残念さが印象づけるのか、この数ミリ足らずの49ってよくある話だ。
                      ってことは…さっきばらしたヤツはもっとでかかったか…。
                      まぁ、でもここは関東メジャータフレイクの津久井湖だし50up近い魚が撮れたのだと。
                      大きい魚をばらしたけどバイトさせたのも事実だと。
                      慰めてくれる相手も無く一人自分に言い聞かせ更に釣り進む。
                      ベイトっ気もなくなり無反応なのでこの一帯は捨てて、対岸を流しつつ湖全体を見て回る。
                      ルアーを取っ替え引っ替え、橋脚、有名ポイント、大きな岬。
                      ワンドは飛ばし、実績ポイント、湖の幅が狭くなり流れが効きだす所。
                      人が入ってないストレッチ、ベンド周辺、インレットと投げまくりの撃ちまくり。相当な時間を費やして攻めるも何にも無し…。
                      そう、ここは津久井湖。
                      その間も雨は降り続く。
                      タイミングもあるだろうけど朝バイトがあった場所かな。
                      対岸のめぼしい場所を撃ちながら戻る。やっぱりそれでも何も無い。
                      行きにやった実績場所の雰囲気がなんか違うと思ったら相当増水してる。
                      多分、感覚で30cm以上。だから逆流していたのか?
                      場所によってはそう見えた。
                      終了時間も迫って来る。
                      迷うことなくあの場所へ一直線。
                      同じ様な他の場所と見間違うほど増水してる…さて、どうだろう。
                      静かに近づく。
                      ルアーは最近こればっかりの
                      sweet F.A slim。
                      ロングディスタンス。
                      一投目。ちょっとショートしてるし。
                      ダサい。そりゃ何も無いわ。
                      まあまあ難しいキャストなんですよ。言い訳。
                      場を潰さないように慎重かつ大胆に2投目。反対側。
                      今度はいい所。ゆっくりトレース。
                      バイト!
                      メガバイト!
                      冠水ブッシュから特大の魚体がもんどりうってバイト!
                      でかい。
                      ブッシュに逃げ込まれないようにゴリ巻き。まあまあ距離もある。
                      マジででかい。
                      船も多少引っぱられてるのだろう。だいぶ近づいてきた。針は朝、変えたばっか。ジャンプしたらばれそう。するなよ。
                      マジででかい。焦る。
                      魚体が見えた…ヤバイ。今度はバキバキ突っ込む。これでもかと竿もしなる。暴力的だ。
                      マジででかい。強烈に引く。
                      この場所に入る前、ラインもチェックした。魚が怯んだところで一気に浮かせる。すかさずネットで掬う。
                      獲った!
                      一発で決まったけど、網が小さいよ。
                      船上に横たえる魚。
                      マジででかい…ヤバイ!
                      体高もあるし、腹もでぶでぶ。
                      放心状態を無理矢理奮いたたせ、スケールに乗せる…。



                      58cm。やった。
                      震える手でシャッターを切る。
                      今度は手持ちの写真を撮ろうとセルフに変えたがここでトラブル。
                      シャッターが下りない。なんで?
                      何度やってもダメ。こんなこと初めて。諦めかけたがバッテリーも抜いて再度試す。すると何とか復活。



                      きっと魚が拒んだのだ。ウソ。でも、シャッターが切れなくなったのは本当。
                      やった。最後の最後でメイクドラマ。全体的にいかつい魚。
                      今迄の苦労がこの一匹で全て吹き飛ぶ。これを書いている今も思い出し興奮する。



                      津久井湖モンスター。
                      関東メジャーレイクで58。
                      神様ありがとう。
                      全てに感謝。


                      これだけ広い湖なのにあの冠水ブッシュだけで怪物が2匹もバイトしてくるなんて。
                      モンスター獲って更に謎が深まる。
                      だから面白い。
                      更にでかいの目指します。
                      ブラックバスありがとう。


                      Aurora "Under the Water "


                      plutonium syrup




                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>
                      selected entries
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM