打ち合わせがてら

0


    青空が気持ちいい。
    少し冷んやりする乾いた空気が心地よさに拍車をかける。
    そんな日曜日の午前、ninna 松山さんと星子くんとちょい釣り。本来、他の目的があったのでこのメンバーでもちょい釣り。



    家からもそれほど遠くない場所にもかかわらず今回が初めて。
    まぁ話しは色々な人からも聞いてはいたけれど。
    攻略しがいがありそうな岸際の雰囲気もいい感じで、飽きることなく攻め続けられそう。想像していたよりも好きなタイプのフィールドかも。
    オカッパリからバスボートまで釣り人も沢山だったな。



    そんな初場所での1匹はもちろん嬉しい。
    先頭やらせてもらって釣らなきゃプレッシャーからも解放されて一安心。
    松山さんの案内&操船で、短時間だったが3人してバイトやバラシもあり楽しい釣りができたのでした。
    本来の目的も順調に事が進んでこちらも一安心。
    お二方、ありがとう。



    plutonium syrup





    またまた

    0


      pesca depot 木下さん。
      またまた50upです。
      ヒレまでしっかり綺麗な魚。絶好調が続いております。
      海水、淡水隔たりなく様々な釣りに携わり、様々な要素のコンフィデンスがなせる技と思ってます。
      釣り場に数多く足を運ぶこともそれら全てに通じます。
      自分も鱸釣りを深くやり込むことでよりブラックバスが釣れるようになった経緯があります。
      やったもん勝ちなのです。
      何もアクションしない人間より遥かに釣人的に美しい。
      いいですね、やった人間にしかわからない境地。
      そして、やらない理由やできない言い訳を無意識のうちに探し正当化する醜い精神。格好のいいものではないということ。
      再確認できました。ありがとう。
      気に入って使ってもらい、素晴らしい結果で答えてくれる。
      自分にとっては、実に有り難いことです。
      改めてありがとう。



      plutonium syrup





      知欲がさせること

      0


        先週の土曜日は、立ち位置的に謎多き人物キリュウさんと釣り。もちろん個人的感想。
        何年ぶりの同船だろうか。
        釣果的に好景気が上昇中の霞水系マッディシャローへ。
        霞水系マッディシャロー。
        訪れた場所にこの表現方法が適切かどうかもわからない程、自分にとっては未知で新鮮な場所。とてもメジャーな場所らしいんだけどね。
        更にその新鮮さを感じられる場所もまだまだ存在するでしょう。



        こういったところからも、自分の釣りが未熟だと実感させられる。
        そして、有り難いことで学ぶことはまだまだ深く多くあるってことに繋がる。楽しみは続くのだ。



        目まぐるしく変化するフィールド状況。その状況に合わせ、展開させて釣る楽しさもこの辺りの釣り場にはあると思う。
        たくさんは釣れなかったけど、実りの多い釣行だったことは間違いない。
        生意気にルアーを作って売っているなんて恥ずかしいしやら、おこがましいやら。前回同様、キリュウさんとの釣りは多分にそんな気持ちにさせられるのだ。



        正直、一昔前の凝り固まった狭い見解でしか物事を捉えられない自分であったら、確実に否定的と思える釣りに独自の意味を持たせスマートに展開していくキリュウさん。
        しかし、受け入れもせず深く知ろうとしないことはとても危険なこと。自分の我を通すだけの浅い拘りほどみっともないものはない。もうそんなところはとうに通り越して新たな世界へ。
        今ははっきりとわかる。
        その意味をもっと知りたいと思うのです。
        毎回思うし言ってきていることだけど、自分とアプローチの仕方が違う釣り人との同船は本当に刺激的なのだ。
        なぜなら、いい魚を手にしたいという最終目標が一緒だから。
        キリュウさん、ありがとう。




        plutonium syrup





        釣りに行きたい

        0


          星子くん。sweet F.A slimで。
          見て下さい。凄い体型のブラックバスです。
          しかもほぼ50upときてる。けれど本人的にはupとは認められないそう。
          なんかもう、ナイルパーチとかバラマンディーとかアカメとか。その辺りの魚を想像してしまうのは自分だけでしょうか。
          ただ単に小顔だけではないと思います。尾のつけ根の肉のつき方も凄いのです。単純に格好いい。間近で見てみたかったな。
          食い方も暴力的でリアフック折られたそうです。
          マッチョ感が伝わるな。
          俺も折られたい。



          3日間、その場所に合ったスタイルで色々な場所を釣り歩き、たくさん釣りまくった様です。



          その殆どがslimとmodestyで。



          F.Aマスター。ですね。
          もう、これだけやってくれると気持ちがいい。



          更なる大物を目指しつつ、行くところまで行って何かとんでもないものを見つけ掴むまで突き進んで下さい。
          もちろん、本来の目的以外でもです。深い釣りとはそういうものでもあって欲しい。
          だから深く釣り込む事を惜しまないのです。
          自分も頑張ります。
          ありがとう。



          plutonium syrup





          連休の釣果

          0

            celldivision s

            皆さま、連休は良い釣りできたでしょうか。
            自分は連休など関係なく日々の会社勤めと、帰って夜のルアー製作と通常の生活を送っておりました。


            modesty

            星子くん。
            フィールドは厳しい状況だったようです。


            bubble tone

            それでも手を替え品を替えきっちり結果を出すあたり流石です。



            modestyてアフターの50up。
            お見事です。






            石井さん。



            釣りにくい大風の中、3本ともmodestyで。



            大勢の釣り人で大変だったのではないでしょうか。







            pesca depot 木下さん。



            凄いお腹。パンパンの50up。
            これはいい魚です。



            雨絡みでこの日は良い釣りが出来たようです。


            皆さま、ご報告いただきありがとうこざいました。



            plutonium syrup




            津久井湖の怪物

            0


              マッディシャローの翌日、天気が大荒れの水曜日。
              今度はninnaの松山さんと津久井湖釣行。連日の釣行ということです。
              自分も今年初の津久井湖。前情報なしのぶっつけ本番。自分の経験値がどこまで通用するか楽しみ。
              いざ、ビルダー2人で津久井湖チャレンジ。
              意気揚々到着して湖を見てまず焦ったのがフル満水だったってこと。2ケツでこのど満水はかなり辛い。
              …やばい。
              最悪と思われるこの現状を受け入れとりあえず出船。雨も本降りになってきた。 しかし毎回、朝一番で流すストレッチを見て本気で焦りだす。これは…マジで打てない。
              水面と生い茂る木々がつらっつらでプラグを投げ入れる隙間なし。なんなら葉っぱが浸かっている状態。岸際は遥か奥。 これで我慢と根性の釣りが一日続くのは確定。
              されど、ゴールデンウィーク前のこの日の天気図。津久井湖のモンスター一発狙いなら正にこのタイミングしかない。もう致し方ないのである。2人で改めて現状を受け入れるのでした。
              急遽、予定変更して近くのワンドへ現実逃避。貴重なじっくり打てる数少ない場所だ。
              まだ濁りは入っていない。
              最奥手前でニュートラルなデカバスを発見。ルアーには興味なし。でも自分的には貴重な情報。
              この状況でも岸際が露出しているであろう打ちやすい場所を考え上流に向け釣り進む。
              雨は更に強くなる。しかし、有難いことに強風予報の風は殆ど吹いていない。
              これが唯一の救い。
              このど満水で風が強く吹き出したら撤収も視野に入れるようだ。
              朝一と同じ様なワンドへ入るとまたバスを発見。優に50cmを超えてくるサイズの魚が一段下にサスペンドしている。こいつらのスイッチが入ることを願うばかりだ。
              途中、流れ込みからは激しく濁流が押し寄せる。濁りの境目などにルアーを通してみるが反応はない。
              最上流、道志川のバックウォーターまで来た。可能性はゼロではない。信じて打つ。ドリフトで流し込む。しかし、指していてバイトしてくる魚はいなかった。
              折り返し。やはり投げれる場所は限られている。攻めきれたポイントはいったい湖全体の何パーセントだろう。ハングがきつすぎてほぼ打てない状況が更に続く。
              それでも松山さんは、集中力途切れることなく正確なキャストでルアーをぶち込んでいく。
              雨も上がり湖がチョークする実績のあるストレッチで松山さんに待望のバイト。 が、丁度ルアーが水中の枝を越えたと同時のバイトだったのでその枝が邪魔をして深くバイトしきれなかったのが自分の角度から見て取れた。
              でかかったです。惜しい。
              これで釣り人の活性は上がった。下りながら打てる場所を丁寧に攻める。濁りの取れかかった流れ込みでまた松山さんにメガバイト。しかし、乗らず。
              何度か通した後、自分も投げてみる。
              すると、2投目でバキュームバイト。
              瞬間でかいと確信。
              重量感たっぷりの引き。
              こちらに向かって突っ込んでくる。
              あっという間に魚は船縁。
              ここにきて争う。
              暴れる魚。
              魚体が見えた。
              間違いなくモンスターだ。
              針がかりは問題ない。
              ネットを構える松山さん。
              争う巨大なブラックバスをそのネットに誘導する。
              ネットイン。



              獲った。
              巨大なブラックバス。
              手が震える。
              これが津久井のフットボールバス。



              体高も幅もあるブリブリの54cm。
              日を選び場所を選択して狙い定めて獲ったモンスター。
              してやったりの感慨無量。



              これがあるからたまらない。
              松山さんも興奮してくれている。
              目の前で大物捕獲を見てもらえて本当に良かった。
              名残惜しい魚だ。ありがとう。ブラックバス。
              気持ちを切り替える。時間はまだあるのだ。最後まで諦めない。再度あの興奮を味わいたいから。
              一旦、場を休ませる。
              また他の魚が着いていてくれていることを願って。
              付近の有望場所を打ってその時を待つ。 戻って来た。ラストだ。
              信頼できるルアーを丁寧に通す松山さん。祈る思いで見つめる自分。
              残念。再び魚からの反応は得られなかった。
              終始思うように攻めきれず歯痒い思いをした今回の津久井湖。
              けれど全力で向き合った。
              よく耳にする言葉だけど、諦めずに信じて投げきればきっと何かが起こる。そう改めて感じられる結果となった。
              でかい魚は人を幸せにする。
              松山さん、ありがとうこざいました。また行きましょう。
              ありがとう、津久井湖。

              去年も同じ様な時期でした。



              plutonium syrup





              マッディシャローへ

              0


                火曜日はノーバイト渡部さんと霞、利根川水系へ。
                前日に前乗りしていた星子くん情報でさらに場所を絞り釣行を決定。上の写真はその前乗りで星子くんがキャッチした魚。
                レンタルメジャー場所にもかかわらず、自分は初場所なのでとても新鮮。故に岸沿いはどこもかしこも美味しそう。期待してしまう。
                早速、朝一番に渡部さんの操作するペンシルにバイト。
                期待がさらに増幅。
                しかし、そこからしばらく釣り進むも沈黙の時間が続く。朝は活性が良かったのに。
                けれど自分は、岸沿いの新鮮な景色を見るだけで十分楽しい。操船はお任せだし。
                他愛ない話をしつつも2人でタイトに攻め続ける。
                タイダルなので流れの強弱、水の動き出しのタイミング、水位など、その点だけでもやり込めば奥が深い場所だなぁなんて考えていると、やっと自分にもバイト。



                サイズの割にはよく引く元気なバスでした。初場所、初バス嬉しい。早口言葉になりそう。
                さらに釣り進む。
                空気感を変える風が吹き出し、辺りの気配が変化した時、今度は渡部さんにバイト。



                ポッパーでも釣れた。こいつも元気。
                反応もなくなり、風も強くなってきたので一旦休憩&作戦会議。
                別場所でやっていた星子くん合流。
                状況判断で会議の結果、移動せずに午後も同じ場所に浮くことに。
                風はまだ強いが午後のプライムに向け操船を変わり再スタート。
                冷たい風だったり生温い風だったりと空気がコロコロ入れ替わる日だ。
                対岸をカヤックで流していた星子くんの
                sweet F.A slimにバイト。40upをキャッチした模様。
                夕まづめの時間帯に突入。
                この日はここからが凄かった。



                渡部さんの操作するミノー系ルアーにバイトが集中。いわゆるトップウォーターミノーイングってやつ。これがどハマり。



                短いプライムタイムだったけどミノー系ルアーの独壇場。完全に選んで見定めてバイトしている感じがはっきりと分かる。



                こういった状況ってたまにあるんですね。自分にはないアプローチに色々と考えさせられる貴重な時間。なかなかできない体験でとっても勉強になった。
                数多く引き出しを持ち、状況でアジャストできる釣り人の強さを目の当たりにした瞬間だった。
                有意義な時間楽しかったです。
                渡部さん、星子くん、ありがとう。




                plutonium syrup





                雨降りでピンぼけ

                0


                  昨日、雨予報なのでね。
                  三島湖へ。
                  冷たい北寄りの風が吹く雨降りの一日だった。
                  濁りが入るまでの雨量もなく湖は全体的に澄み。
                  寒くなるのが分かっていたので、着込んだ装備はほぼ真冬と変わらず。なのでその冷たい北風や湖を冷やす冷たい雨もなんのそので釣り進む。
                  一方、湖の中は産卵行動の一環なのか岸際の浅場にはアベレージサイズのバスがゆらっと漂っているのが見える。その子らはこちらには一切お構い無し。
                  そんな、のどかな光景がシャローのいたるところで確認できた日だった。



                  一時的に雨で活性が上がったのか一日通してみると今年一番のバイト数。途中でカウントしている数字が分からなくなってしまうほど。
                  そのバイト数に比例してバラシも多数。中にはそれこそ今年1番のサイズの魚もいたのでとても悔やまれる。
                  しかも2匹ほど。
                  ランディング寸前だったり、船べりバイトだったりでしっかり魚体は確認済み。悔やまれる。
                  もちろん、針は新品のキンキン。
                  なんでなの?
                  自分にはよく分かりませんが、まぁそういう季節ってことですかね。
                  平和な水の中、お邪魔しました。
                  それでも飽きることなく反応もあり、複数キャッチもできたので十分楽しめたのだから様々に感謝です。



                  Snail Mail “Pristine “



                  plutonium syrup





                  釣果報告

                  0


                    星子くん。全部sweet F.A slimで。
                    大漁なので写真は抜粋。
                    雨絡みとはいえ7本とは素晴らしい。
                    春の気難しいコンディションの中、しかも爆風でかなり釣りにくい状況での釣果。
                    自分は用事があって行けなかった。…残念。
                    でも行ったからって釣れる保証はないんだけど。



                    そんなお気楽な自分に、フィールド状況など貴重な情報を毎度惜しげもなく提供してくれる彼。
                    これは本当にありがたいことです。
                    どんな些細な事でも、行く場所や釣り方が自分と似ている彼の貴重な情報は、その時の状況が容易に想像できるものなのです。



                    この思いに応えるべく自分も釣り場に行ってどんどん情報を提供したり、より良いプラグを作り使ってもらえることができたなら良いと思うのです。
                    ありがとう。
                    お見事でした。




                    plutonium syrup





                    藍屋の白袴

                    0


                      土曜日。作業の合間にちらっと三島湖釣行。少し釣りに行く間が空いて季節はすっかり春。
                      見えるバスは超ニュートラル。スポーニングが絡んでなかなかに難しい時期に入った感じだ。
                      金曜の夜の雨も好条件とはならず、魚の活性を上げることなく、結果4バイト2フィッシュ。
                      1匹はちびっこだったので写真なし。
                      朝からの爆風で、遥々千葉まで来たのに9時には撤収。慌ただしい事この上ない。
                      事実、今日の風は相当手強かった。よくアクアラインも通行止めにならなかったもんだ。まあ分かって来ているのだから世話がないが。
                      思うと、この様な状況下で2本はラッキーだったのかな。
                      ルアーは相も変わらず無塗装のslim。自分で使う分も作れなかったということ。情けない。



                      Dead vibrations “On a Sunday morning “



                      plutonium syrup





                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>
                      selected entries
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM