地磯の鱸釣り

0


    最近、鱸釣りに没頭している宮川くんから
    「去年一度連れてってもらった地磯の場所をもう一度教えてください」
    と連絡があった。
    ちょうどそのタイミングで自分も行くつもりでいたので、再度案内がてら大潮まわりの三浦半島地磯釣行。この時期恒例の磯マルってやつ。
    ケツが決まっている急ぎの作業があるっていうのにね。
    しかし、年間通して狙えるのはこの時期だけなんで仕方がない。
    そんなタイミング、折角なので釣ってもらおうと1人限定の釣り座を譲る。
    下げいっぱいから上げだしたタイミングで宮川くんにバイト。
    上がってきたのは冒頭写真のいいサイズのヒラ鱸。初のヒラ鱸だったみたい。磯で魚を掛けるのも初めて。いたく感動してました。
    そんな宮川くんは、近ごろ相模川のリバーシーバスに勤しむ。思った釣果がでないと言っていたので、自分の秘密のポイント(まぁ秘密でもないけど)を教えてあげたらポロポロ釣れたみたいで、それからは調子が良かったようで。
    時期的に落ち鮎のシーズンも終わり、川から鱸が抜けて反応が無くなったタイミングに連絡があったって訳だ。
    二度目の地磯。いいのが釣れて良かった。
    案内した方も安堵。




    自分も1匹くらいは釣って帰ろうと頑張ってキャストを続けていたら、今年も何とか三浦地磯の銀ピカと出会えた。サイズはちびっこだけど。
    今回、自分的には改めて答え合わせができた釣行となった。なぜだかわからないけど、そういうことなんだなと。
    多分、きっと自分にしかわからない感覚。だからバスに限らず釣りは面白い。
    忙しいルアー作りの合間を縫って行った甲斐があったのでした。
    にしても間に合うのか…ギリギリだな。




    plutonium syrup





    釣果報告

    0


      星子くん。三島湖、celldivision sで12月フィッシュ。
      あともうほんのちょっと。
      釣った場所からエントリー場所まで戻る時間と、釣れた時刻を計算しても帰着時間まで結構ギリギリのタイミングだったでしょう。
      最後まで諦めずに攻め続ける精神力が、この結果として現れたと思います。
      レンタルレイクとなり、制限が定められた三島湖。難しい中での1本。ナイスフィッシュです。




      plutonium syrup





      雨フェチの釣りジャンキーはほくそ笑む

      0


        先週に続き三島湖へ。
        深夜から午前中にかけてまとまった雨予報。
        仕事が休みの日に絶好の釣り日和とはなんとも有難い。会社の人間に休日が雨で喜んでるところを見られると引かれるので要注意。
        夜のうちは南よりの風で、気温も高く、この時期にしては暖かそうな雨になる感じ。
        午後に向かうにつれ、雨は止むものの風向きもガラッと変わり気温が逆に下がる予報。
        はい、そうですね。必然的に狙いは朝一。

        準備中も激しく降る雨。否応無しに期待が高まる。流石にこの天気では訪れる釣り人の姿もまばらだ。
        出艇時刻。目指すポイントに向けパドリング。
        濁りの影響はまだない。しかも、思った通りで朝の時間帯でも寒くない。
        大雨で出来た途中の流れ込みで幸先良く1本目を獲る。



        開始数投目。大雨なので写真は携帯ですみません。
        同じような別の流れ込みで先週に続いての50up。



        今年、10本目の50upだ。
        その後も同じようなアプローチで40up、2本を追加。
        この間、わずか30分ほどの出来事。
        雨効果、流れ込みで好反応。

        気がつくと既に上流から濁流が押し寄せる。思ったよりも早い展開に少々戸惑う。残念だが、これでやりたかった場所は潰れた。
        しばし迷走。
        濁流の水は2、3度低い水。予報通り風が冷たくなってきた。
        バイトがあっても乗らない。
        −2mくらいだった水位もみるみる満水に。相当、降ったようだ。



        一旦、昼休憩を挟む。終了時刻が16時なのでゆっくりもしてられないが。
        雨の上がった午後は、とにかく水が綺麗になっている所を探すことに。
        で、これが良かった。



        気温も下がり、晴れ上がった冷たい空気の中、何とか2本を追加できた。
        午前中に獲れた魚は元気いっぱいで、この時期とは思えないほど激しいバイト。



        一変、午後は何度かのショートバイトがあり、やっとフックアップするといった感じで活性が低い。
        迷走しつつも過去の経験から辿り着いたバス。
        50upを筆頭に計6本のバスたち。
        ありがとう。







        そういえば、パドルを変えてみた。
        前回の釣行から導入したのだが、これが実に素晴らしい。
        ひと掻きで実感できるほどに素晴らしいのだ。これ程までとは思わなかった。
        パドルの性能に技術が追いついていないのが明らか。これで技術が伴えば最高なんだけどね。
        パドルに限ったことではないのだけれど、よく自分には合わないと言って直ぐに手放してしまう人がいるけれど、それってその物の性能に自身の技術が追いついてないこともあるんじゃないかと思ってしまうのですがどうでしょう。
        その物の性能を引き出せないなんて本当、勿体ない気がしてしまう。
        いい物が泣いてますよ。
        正直、カヤックにも最初は苦戦したけれど今は大きな武器となっているしね。カヤックでなければ獲れない魚も確実に存在する。
        自分はそんなことのないようにもっと上手くなりたいと常々思うのです。




        AURORA "Half The World Away"




        plutonium syrup





        レンタル解禁の三島湖で50up

        0


          11月17日からレンタルが解禁となった三島湖。
          翌日、18日の土曜、早速行ってきた。
          解禁前と後で実際、どのように変わったのか。自身確認のために。
          自分の周りでは色々と情報が錯綜していたこともあるし、なにより今までにも良く利用させてもらっているダムなだけにとても気になるところなのです。
          4軒あるレンタルボート屋さん毎に、多少レギュレーションが異なるということもあるし、まあまあ面倒なのでルールなど、敢えてここでは書きませんが。
          下調べをしてもらって実際に行かれて、ご自分の目で確かめてもらい、体感してもらった方が一番良いのではないかと思います。

          この日も毎回使わせてもらっている渡辺釣船店を利用。朝、到着して新しく定められたルールを聞き、手続きをして今回はカヤックで出艇。
          まぁ自分的には毎回カヤックやジョンでしょうが。
          天気予報でも、朝夕の冷え込みも一段と厳しくなり、おまけに雨マークもついていたからか想像していたよりも人は少なめ。
          それでも湖に出ると、当たり前だけどレンタルボートで釣りをしている人がパラパラと。この場所では見慣れない光景。新鮮だ。
          釣りの方は午前中、1バイトだけとなかなか厳しい。予報の雨も殆ど降らないし。こうも厳しいと何かひとつプラスになる要素が欲しいところ。
          まぁこればっかりはしょうがない。
          昼休憩をはさんで午後に備える。

          今回はレンタルレイクとなり、どのように変わって行くのかを確かめてみたいという目的、思いもあり、その雰囲気を受け入れ、楽しみながら釣りが出来ればいいかなと。
          その多少、気の抜けた感じが良かったのか、たまたま投げた場所が良かったのか。
          10月に立て続けに来た台風の影響で、場所によっては浮きゴミがまだまだ残る三島湖。そのゴミ溜まりにわざと投げ続けていたルアーに待望のバイト。トルクフルなバイトだ。
          瞬間、ごっつい引き込み。
          水面一帯ゴミだらけなので暴れる魚は見えない。
          けれど、確実にでかい。
          何度も突っ込まれながらも慎重に魚体を浮かせる。
          見えた…。でかいぜ。
          浮きゴミごと網で掬って上がってきたのはグッドコンディションの50up。



          体高もあり、ズッシリ重い。
          これは嬉しかった。
          またまた雄叫びが山に響く。



          ありがとう。ブラックバス。
          ありがとう。三島湖。

          レンタル解禁一発目。いい魚が獲れてラッキーでした。


          定められたルールの中でどう楽しんで行くか。
          先ずは自分自身、楽しめるようにしていくことがなにより大事ではないでしょうか。




          リーガルリリー "はしるこども"



          plutonium syrup





          5年ぶりのブラックバス

          0


            朝の冷え込みもずいぶんと進み、木々の色付きもそれに比例して濃くなってきた。そんな今回は会社の仲間との釣り。
            その昔はシーニンフのVハルに、船外機はマーキュリーのシープロ。その愛艇をトレーラーで引っ張り、山中湖メインでやっていたという彼。
            訳あってしばらく釣りから離れていた。 そんな彼が5年ぶりにブラックバスを釣る。



            ヒットルアーはスピナーベイト。
            普段はなかなか感情を表に出さない彼が、心の底からこの1匹の再開に感動していた。
            針を外す震える手を俺は見逃さなかった。
            正に記憶に残る1匹。その手伝いができて俺も十分満たされた。
            サイズ関係なく人を十分感動させる力のあるブラックバスというやつはやはり偉大だ。5年ぶりとはいえ。
            一方の自分は、いいとこ一つも見せれずの2バイトだけのノーフィッシュ。なさけない。
            次はフットコンの船で釣りをしてみたいかな。




            plutonium syrup





            秋深し

            0


              連休なか日。
              自分が見たなかでは今年一番の賑わいかも。本当に大勢の人が来てました。



              そんな今日は短時間勝負。
              5バイト、1フィッシュ。
              この時期、これから行くという人は、水面には落ち葉がいっぱいなんで、ある程度対応出来るルアーがあると重宝するかも。



              Lily Chou Chou "エーテル"



              plutonium syrup





              釣果報告

              0


                星子くん。



                今日の午前中の釣果。
                短時間で4本と効率の良い釣りです。相変わらずブレードが効いているよう。



                連休で釣り人も多そうですが、天気も良くフィールドはさぞかし気持ちがいいことでしょう。



                ありがとうございました。



                plutonium syrup





                今が永遠とは限らない

                0


                  今月の週末は毎回黙って見過ごせない悩ましい天気が続いた。まぁ自分的にいい意味でなんですけど。
                  お陰で毎週末、出撃することとなった。
                  こうなったらいい時に通えるうちにはなるべく行っておきたい。
                  フィールドは前回の台風の影響も色濃く残ったままで、また今回の大雨で追い討ちをかけるように濁りが蔓延。場所選びとそのタイミングがキーになった感じ。



                  一日半の釣行のトータルは13本。
                  サイズも40台でまとまってきている。



                  ゆっくりただ巻きが得意な
                  celldivisionやcelldivision sへの反応もだいぶ良くなってきた。
                  皆さんの釣果をみてもよく分かるね。





                  やっぱり来るよね。星子くん。
                  惜しいサイズが立て続けだった前回からの悲願達成。



                  50up!
                  もちろん、この他にも沢山釣っていました。





                  石井さんにも遭遇。



                  バスの体色で水の色が想像つく。
                  いい魚です。


                  良い状況も悪い状況も永遠に続くとは限らないのです。
                  どんな環境の変化にも柔軟に対応出来るよう、気持ちに余裕が必要と思います。



                  plutonium syrup





                  安全第一

                  0


                    土曜日の延長戦。
                    散々釣ったので帰ろうかとも思ったのだが、日曜のこの天候のタイミング、そうそうないなと。
                    星子くんからは明日行きますとメールも入る。
                    あまりにも悪天候ならもちろん釣りどころではないんだけど。まぁ様子を見つつ、とりあえず車中泊決定。
                    大雨の朝、その星子くんと合流して(というかやっぱりこの人も来るんだね)大雨の中、準備しつつ昨日の状況を伝え、ざっとプランニング。
                    釣りもできそうなので、それぞれ思うポイントに大きな期待を寄せ出船。
                    場所に着くと、どんどん濁りが入ってきている。夜明けごろに降った大雨で押し寄せる濁りと、今までの水が作るマッドクライン。水が混ざり合っていかにもな場所。
                    sweet F.A スリムをゆっくりただ巻き。船べりまできっちり引いてきて突然のバイト。
                    結構焦る。
                    こういう時のためにネットはすぐ取れる位置にある。
                    間髪入れず掬い上げた。



                    開始早々釣れた。
                    写真がピンぼけですね。すみません。



                    久々の50up。
                    やっぱりこういう時にでかいのが動く。 と、思ったのだがこの後釣れてくるのはやっと40cmに届くかといったサイズばかり。
                    湖の状況もこの大雨で刻一刻と変化し、中流、上流はほぼ壊滅状態。
                    残された下流域で特大を期待し、夕方まで頑張ってみたものの、都合7本。結局、朝一の50upを超える魚とは出会えなかった。





                    もう一方のこの人。



                    50upにはほんの少し届かなかったけれど、グッドサイズで揃えてきた。



                    49cmが2本とはなかなか悩ましい。



                    本当、みんないい魚だ。



                    危険ならば即撤収と朝に話して決めていた。雨は激しく降り続いたが、予報風速ほどではなく、何とか釣りが出来た。
                    しかし、落石を3度も見たし、確認は出来なかったが激しい雨音にかき消されながらも落石であろう轟音が鳴り響くといったケースも見受けられた。
                    予期せぬ事態に遭遇しない為にも安全には充分考慮し、釣行したいものです。



                    plutonium syrup





                    釣果報告たくさん

                    0
                      水曜日は久々にノーバイト渡部さんと釣り。
                      雨続きの週だったが、この日だけ晴れ。
                      結果は2人共ノーフィッシュ。これは結構痛かった。写真も撮らずに頑張ったのにね。
                      この日の前日や、次の日に行った人達はいい釣りしてました。雨続きの晴れ間。雨じゃないと釣れないのか…悔しい。
                      以下、その周辺の釣果報告です。
                      たくさん頂いております。
                      一気に掲載します。

                      石井さん。









                      少し前の釣果。
                      ありがとうございます。


                      星子くん。
                      大漁です。















                      グッドコンディションの50up。











                      相変わらずの釣果。
                      ありがとうございます。


                      九州でも釣れています。
                      シゲさん。







                      3本共いい魚。
                      ありがとうございます。


                      時田くん。







                      釣れた魚の殆どが上顎のいい所にフックアップ。



                      丸呑みも。
                      ありがとうございます。


                      最後におまけ。







                      台風の影響で刺激された秋雨前線の恩恵。
                      この日、土曜日はトータル12本でした。



                      見てもらって気づいた人もいるでしょう。ヒットルアーは全てsweet F.Aからの派生達。
                      特に、この時期の雨による濁りと流れに対しては、あからさまに差が出る釣果。
                      投げてただ巻くだけ。
                      このような状況下でプラグ選択に、もはや抗う必要もないといった感じだ。
                      リップの水押し、ブレードのブラッシングと波動。それらの要因で撹拌された周辺の水で出来た水面の道。その異物が通った水面の道に寄せられた魚は、何者と見間違うのか躊躇なく先頭の頭や腹をめがけてバイトしてくる。
                      もちろん、低活性下ではブレード食いに終わることもあるが、そんな場合にも、魚の居場所やその時の活性情報が得られるので、それはそれで良しなのだ。
                      寒いし雨でずぶ濡れにもなるが、このエキサイティングな体験をした人間ならば多少の苦痛も耐えられるってものだ。



                      plutonium syrup





                      calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>
                      selected entries
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM