思い込みは落とし穴

0


    雨の日の平日、ノーバイト渡部さんと釣りへ。
    一日中、冷たい雨で人のモチベーションも釣果もなかなかに厳しかった。そんな状況でも何とか1本釣るあたりは流石。1と0とでは全然違うからね。



    自分もやっと1本。
    前回の釣行で、すっかり春のイメージがついてしまい、この日はその魚の反応が得られなかったことが貧果の原因かなぁと。もっと沢山釣っていいところ見せたかったんだけど。
    何とも力不足で渡部さんの期待に応えられず仕舞いで終わった。




    冬の釣りをそのまま実行していたであろう星子くんはサイズも数も素晴らしいものでした。



    やっている場所はほぼ同じような所。タイミングだけでは到底片づけられない釣果の差が出てしまった。
    お見事でした。





    先週の魚。この魚の印象が強くて勘違いしてしまった。完全に。
    まだまだです。皆さんの釣りを体感していい勉強になりました。今後に活かせられるよう努力です。


    そろそろ作業の方も気合で進めないと。



    plutonium syrup




    全力で

    0


      3月。
      釣り人も増え、木々のつぼみも芽吹いてきた。
      容易に入るそれら様々な情報で、大きく季節の移り変わりを感じられるようになった。
      花粉も大量でつらいつらい。
      朝一のワンバイトをフックアップ出来ず、今日は船に積んだランディングネットを濡らすことなく帰るのかと、少し諦めかけていたのだが、水色も雰囲気も良く水温も高めの場所で最後、気合を入れ直し全力で挑む。



      春らしく派手なバイトでフッキングした後も、強烈な走りと突っ込みをみせてくれた。
      そんな全力で抗う魚を掬った瞬間、パキンと音がしてルアーが口から外れた。
      ルアーを見るとフロントフックが無い…。



      そして、網の中で暴れる魚の口には折れて半分だけのダブルフックが。
      ギリギリでキャッチってことだったみたい…。
      使っているうちに知らずともろくなっていたのだろうけど、針を折るぐらい元気な魚だった。
      春だね。





      津久井湖にもちらっと。
      今年は結構な減水で、春先は満水の湖を想像していたもんだから少し戸惑う。
      と、しっかり言い訳をしてノーバイト。また、いいタイミングで行ってみなくては。



      Crimson - 拳に小宇宙



      plutonium syrup




      知れば知るほど

      0


        ここ最近、カヤックでの釣行が殆どだったけど、久しぶりのジョン。
        カヤックとは違って離れた場所でも躊躇なく移動出来る機動力。当たり前だけどやはり快適。
        快適だけどこの日は2バイト、1バラシと外してしまった。





        そう日もたたないうちに再びジョン。
        車に積みっぱで積み替えるのが面倒ってのもあったんだけど、やっぱりジョンはいいね。
        雨絡みのこの日はいい釣りができた。



        ワカサギパターンだとかアカガエルパターンだとか自分にはさっぱりわからないけど、行ける時になるべく釣りに行って自然変化を感じつつ、ちょっとずつ自分なりに答え合わせをして結果に結びつける。その過程が今でもとても楽しい。



        この時期なのに?
        じゃなくこの時期だからこその50up3本。



        50up×3、49cm×2、46cm、43cmのいいやつばっか計7本。沢山釣った。



        そりゃ釣れるよ。有給使って一番いいタイミングで釣りに行けるんだもん。
        昔、他の人の見事な釣果を見て、そのような考え方の自分がいた。
        羨むばかりでは全然駄目で、自らそんな生活をおくれるよう改める努力をすべきだと考えた。



        簡単なことではなかったが、現在、自分の生活は釣り中心の生活だ。釣りが最優先だし、釣りありきで行動していると言っても過言ではない。また、そうしたいと強く思った。そうあるべきだと。



        そして今のこの環境を作った。沢山のことを犠牲にした。それらはこれからも変わらない。



        釣り中心の生活を望む自分に今の仕事を進めてくれた人達にも感謝。でなければこんな満たされた気持ちや環境にも恵まれなかっただろう。
        今回の魚たちを手にすることが出来たのも決して自分だけの努力とかではなくてそういった様々な事柄の上にあるのだと。感謝です。



        それとね、ルアー、売りっぱなしが気になるんですよ。
        そんなの気にしてたらモノなんて作れないよって。そう言う人もいるかもかもしれない。



        自分もそうだからよくわかるんだけど、少ない小遣いをやりくりして高いルアーを買ってもらっている。
        とても有り難いことです。
        恩返しなんておこがましのだけれど、こんなブログでよければ見てもらって、少しでも何か釣りのヒントに繋がればと思うのです。
        だからできるだけ釣りに行く。もちろん、自分も楽しみたいが前提。



        話しが的を得ていないようでつまらないな…。
        今回は釣れた状況をダラダラ書き綴ることはあえてしなかったけれど、この釣果は自分でも凄いと思っているし、とても嬉しいことには違いないのです。
        また釣れって言われてもなかなか難しいだろう。まぁこのブログを見てもらっている人も、ほんのひと握りなんで、どうやって釣ったかなど知りたい人がいたら直接聞いて下さい。包み隠さず全てお話しします。
        同船しながらの質問攻めも歓迎です。







        同じ日。こちらも単独釣行。
        合流して情報交換。昼飯食ってそれぞれ午後のプランニング。



        この場所に来ることはお互い知っていた。待ち合わせて一緒に行けばいいのに。同船すればいいのに。高速代だって燃料代だって安くあがる。



        でも、それだと魚を釣るということに対して満足できない。全力で向き合って後悔したくないから。



        やりたい場所があっちもこっちも。でも体は一つしかないから、こっちの場所は任せて自分は違う場所をやる。
        目指す魚に近づく為には相手も利用する。
        この寒い中、頑張って来ている者にはいい思いをして欲しい。だから逆に利用される。



        もちろん、攻め方は異なれど、それを踏まえた同時刻の情報が手に入る。これ重要。
        おそらくそんな理由で2人の口から同船と言う言葉は出てこないのだ。
        時期が過ぎたら同船しょうかね。



        彼も7本。お互いいい釣りが出来て満足。
        セカンドショップで手に入れた
        celldvison sで5本と大活躍。星子くん、ありがとう。


        もちろん、こんないい日ばかりじゃなくてダメな日が殆ど。
        期待して来たはいいが全然釣れなくて、悔しくて、次の日も休みだからって車中泊してもう1日やっちゃうような人種。お互いに。
        別に、真似しろとか、こうあるべきだなんで一つも思ってない。向き合い方や携わり方なんてそれぞれな訳だし。
        人間なんて単純で、考え方一つで落ち込んだり救われたりするもの。どうせ悩むなら自分が楽になる方向で悩んで努力すればいいだけのこと。
        身の廻りに起こる現状を他人のせいにはせず、自らが巻き起こしている事と捉えれば、いずれその問題や壁は解決に向かうだろう。
        また話しが面倒くさくなりそうなんでこの辺で。


        釣れるかどうかはさておき、津久井のデカバスもそろそろでしょう。



        Nirvana - Smells Like a Teen Spirit



        plutonium syrup





        釣りばっか

        0


          午前中、雨予報の木曜日、平日にもかかわらず考えることは皆一緒で、ジョンやカヤックが結構出てた。トップの人がほとんどだったみたい。



          その予報の雨は暖かい雨だったんだけど、その効果もあまり感じられず、キャッチ出来たのはこの1匹だけ。
          しかも、雨が止んだタイミングでのバイト。
          朝一にバラしたデカいやつが悔やまれる。 ルアーは次回作の sweet F.A slim(仮名)で。



          AURORA - Black Water Lilies



          plutonium syrup




          本当かよってみんな思うよね

          0


            午後は雨予報だったこの前の日曜日、釣りに行ってきた。この日はトップの人がいっぱい。
            暗くなるまでみっちりやって3バイト。
            いい時ばかりじゃないね。
            なかなか雰囲気のいい雨だったし、仲間も来ていて情報交換しながら頑張ったんだけど。
            他の人はどうだったのかな。
            それにしても3バイトだけとは。むちゃくちゃ悔しい。





            再び色々試してます。
            今までのシステムで十分と思っていたのだけれど、改めてみると奥深く意外に楽しい。
            材質だったり線径だったり。その線径もそれぞれのバランスがあって…。
            実際、グイグイ引っ張ってみて結束強度の検証。
            メイン、リーダー、スナップ。自分の釣りのスタイルに合ったトータルバランスがとても大事だってこと。





            それらを試してみたいし、日曜日のことが、どうしても悔しいので今日も行ってきた。
            次回作のパーツなんかの最終決定と、試しておきたいルアーのこれまた最終チェックも兼ねて。
            今日は朝から冷たい雨。と言うか朝のうちはみぞれ。
            水温だいたい6度。老眼でアナログの水温計が見づらいのなんの。おっさんはデジタルが信用ならんのです。ちゃんと水につけてしばらく待って計らないと。

            一日中弱い雨。風が吹くと結構寒い。手の感覚が冷たさで鈍る。



            そんな中、頑張って5バイト5キャッチ。 最大49cm。ちょっと足りなかった。
            でも、憂さ晴らし成功。



            試作テストも上々の仕上がり。テストも釣果もとってもスッキリ。
            2月に全部40upの5フィッシュ。
            2月に5匹なんて…。自分でもびっくり。
            寒さもぶっ飛ぶ。



            Number Girl "鉄風鋭くなって"



            plutonium syrup




            ありがたいこと

            0


              俺は恵まれている。
              釣り場へ足を運ばなくてもこの喜びを味わえるのだから。



              星子くん。bubbletoneで。
              強めの連続操作でバイトとのこと。いい魚です。

              年明けに彼と少し話す機会がありました。
              共通する釣り場での話し、そこでのルアーのアクションのさせ方。よく釣りに行っている者同士、話しが早いです。
              そのどれもが興味深いものばかりでした。自分もとても参考になりました。彼も同じように感じていてくれたならば嬉しいです。

              ある人が
              「作り手冥利に尽きること」と言ってくれました。本当、その通りです。
              ありがとう。星子くん。



              plutonium syrup




              bubbletone

              0

                Length : 88mm
                Weight : 22g±


                今回もずいぶんと時間がかかってしまった。
                plutonium syrup的スタンダードポッパー。やっと完成。


                WS(white spot)

                名前は
                bubbletone(バブルトーン)扱いやすく、長く使い続けられるポッパー目指し作りました。


                C (chart )

                シンプルな形状で見た目通りの操作感とサウンド。結局、突き詰めるとこうなるという見本のようなプラグ。


                RBHG(red black head glitter)

                あえて特徴を述べるならばカップが深めといったところだろうか。


                SBB (silver baby blue)

                釣り場でのルアーローテーションには必要不可欠なポッパー。当然ラインナップにも必要でした。


                COB (chart back orange belly)

                勝手に自分の中でスタンダードシリーズと銘打って


                F(frog)

                dry fish、loser john、brilliant leeに続く
                第4弾bubbletone。

                明後日、明々後日頃にはお店に納品されると思います。
                よろしくお願い致します。



                AURORA -Runaway



                plutonium syrup




                初釣り落胆からの55cm

                0


                  日曜日、午後から雪か雨かの予報。初バス釣るならこのタイミングだと作業そっちのけで、今年最初の釣りへ。
                  予報通り午前中は雨雪も降らず、ただ寒いだけのフィールドを見て回り、午後のベストタイミングを何処でやるかの算段をする時間に当てる。なおかつ昼寝もして準備万端。
                  船上の空論。シュミレーションはバッチリ。
                  1バイトで終わっていた午前を過ぎ、雨がぱらつき本降りになったタイミングで今年の初バス。



                  やっぱり雨が効いている。しかも、午前の感じだと冷たい雨が降ると思いきや、いざ降り出してみればこれがまた、なかなかに暖かい雨なのだ。
                  これはいただきとにんまり。
                  本命の場所に来て早速追加。



                  狙い通りで自分でも感心する…すみません。
                  そして、更にもう一本追加。



                  ちょっとひょろっちいけどいいサイズ。3本とも40半ばで申し分なし。
                  まだまだ追加出来そうな雰囲気なので釣り進む。
                  と、いかにもなポイントでデカそうな魚の吸い込みバイト。
                  瞬間、強烈な引き。
                  しかし絶対デカいと思われるその魚は、ラインをぶった切って水の底へ。
                  水中で一瞬見せたその魚体が脳裏に焼きつく。
                  デカかった。そして太かった。
                  どうする事も出来なかった。
                  悔しい。
                  また、ラインブレイク…。しばらくうろちょろしてたけどルアーは浮いてこなかった。
                  やっちまった。ごめんなさい。システム見直します。
                  本当、悔しい。
                  落胆の心境のままラインをチェックして更に釣り進む。
                  するとまたまたナイスバイト。
                  今度もデカい。そうとうデカい。
                  ガンガン暴れる。
                  グングン引きこむ。
                  カヤックって不安定。今更ながら。
                  またバラしたらどうしようと心臓バクバク。
                  無我夢中とはきっとこの事。
                  だけど慎重にやり取り。
                  よく覚えてないけどどうにかこうにかランディング。



                  上がって来たのがこの魚。
                  ルアーはcelldvison 。大きい方ね。
                  網の中の魚に惚れぼれ。
                  見事なプロポーション。
                  老いぼれでなくて若そうな55cm。
                  あくまで感想。
                  16時45分頃。やった…。
                  薄暗くなった山々に雄叫びが響き渡る。
                  落胆直後の激震。
                  あっと言う間のリベンジ。
                  感無量。



                  ありがとう。ブラッバス。
                  いい年の始めになった。
                  雨の中シャッターが切れるギリギリの光量で、ちゃんと写真が撮れながったのがちょっと残念。
                  実物は本当に迫力だった。


                  情報提供してくれた星子くん、石井さん、そして、かいちろうさん達、ありがとう。



                  PJ Harvey - Dress



                  plutonium syrup





                  あけましておめでとうございます

                  0


                    今年もよろしくお願い致します。

                    短い正月休みだった。既に普段の日常が戻って来ています。
                    トップコートも終わりました。乾燥待ちしてリグ組みです。
                    完成しましたらご報告致します。


                    AURORA - Winter Bird


                    plutonium syrup




                    感謝

                    0


                      今年はよく釣りに出かけた。
                      現場の空気感の中、黙々とプラグを投げながらあったら楽しいだろうこんなルアーやあんなルアーの考察。
                      お陰で頭の中には形にしたいルアーが沢山。来年もまた時間の許す限り釣りに出かけ、多少空回り気味のそんな考察を少しでも実現出来たらと思っています。



                      今年も皆様のお陰で良い年を過ごせることが出来ました。本当にありがとうございました。感謝です。
                      反省するべきは、来年の課題に。
                      より良い年に成るよう様々な意味で精進。
                      皆様も良いお年をお迎えください。


                      AURORA - Life on Mars (David Bowie )


                      plutonium syrup




                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      selected entries
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM