スカしてるわけじゃないのよ

0


    皆さん、偏光レンズのサングラスはかけていますか?

    「あっ、チェイスだ」
    俺がそう言うと、一緒に釣りに行く仲間からは杉さん、また幻見てるってよく言われる。
    幻覚や錯覚などではなく、現に魚が見えちゃっているのだからこればっかりはしょうがない。
    なかには本当に錯覚や幻影だったりする場合もあるかもしれないけど。
    よく自分がインスタやブログでチェイスがあった。とか言っていると思っている同志。
    そんなに魚、見えるか?
    って思っているのなら、どうか偏光サングラスをしてみて下さい。
    ということで、今回は偏光サングラスの話し。



    「毎回かけてるぜ」という人には共感してもらえると思うのだけど、かけていないって人は是非、参考にしてもらいたい。
    偏光レンズのサングラス(以下、偏光)はかなりのアドバンテージになる。
    これ本当。
    若い人は抵抗なくかけられるみたいだけど、自分を含めたおっさん達は、サングラスなんてスカしてるみたいで嫌だって二の足を踏んでしまうのも確か。けれど、自分なんかはもう偏光無しでは釣りが不安なのだ。
    何がいいかというと、水中の状態が良く分かる。
    自分がバスのチェイスがあるってよく言っているのはこれが大きな理由。見えない見えないって言っている人は100%かけてない。折角バスが情報を教えてくれているのにこれは実に勿体ない。



    雨や何かが原因で濁ってしまった場合や、元々濁っている場所は効果をなさない場合ももちろんある。
    風が吹いたり、大雨だったりした時も見えない時もある。
    しかし、その他の条件下では、ほぼ毎回チェイスしてくる場所=ほぼ毎回いる場所が分かってしまう。ということ。
    慣れてくるとその追い方で何となくではあるけれどその日の魚の状態が解ってくる。と、自分は思っている。前向きだ。
    例えば、ルアーの直ぐ後ろに着いて来るのか、少し深い位置でチェイスして来たのか。と言った具合に。
    それが、でかバスだった時のドキドキといったら。
    当然、魚のほかにも障害物や深度なども分かる。ベイトもね。
    目の保護はもちろん、パソコンやスマートフォンのブルーライトは気にするのに太陽とその照り返しの紫外線は気にしないの?
    強い太陽の日差しから目を守ってあげよう。

    そんな目にも優しい偏光。
    別に最初は高価な物でなくてもいいからその効果の程を是非、現場で感じて欲しい。



    偏光サングラス、使わない手はないのだ。



    PJ Harvey “From The Basement “



    plutonium syrup




    2020 夏遠征

    0


      最近の新型コロナ感染拡大や各地での大雨も気になるけど、ルアーもリリースしたくせにあまり頑なになってもどうなの?
      という思いもあり、短い夏休みを利用してカヤックで単独釣行。
      その、先日リリースした
      celldivision mでいい魚が獲れたので自慢のブログです。
      既にInstagramでも触れましたが。



      一瞬、雨が土砂降りになったタイミングでルアーを交換。
      スカッパープラグを抜いて釣り進むほどの大雨。
      水面を容赦なく叩きつける大雨の騒音に負けじと、小気味よく巻き続けるその
      celldivision mに暴力的なバイトでこいつは躊躇なく襲いかかった。



      雨の降り方も、魚のサイズも年に数回あるかないかのこと。
      あれだけの土砂降りの雨も、撮影時にはすっかり止んでいた。
      どちらにしても奇跡的にとってもいいタイミングだったと思う。
      そう、色々と不思議でラッキーだったのだ。
      そして、なにより大好きな山奥のリザーバーというシチェーションでいい魚が釣れたってことも大いに嬉しい。
      結果、この1匹で最高の遠征となった。



      それと、もしも、あっさり釣れたと思われたのなら、それは大きな間違いで、ここに至るまでこれまた大いに悩み苦しんでの結果だと伝えておく。
      証拠にもうこれ以上はないと、この魚をきっかけに帰路に着くのだった。





      年内にもう一発リリースする為の木材。
      長尺でこの誤差。
      この超ハイグレードな材があるお陰で、自分の求める絶妙なバランスのブランクを毎回削り出すことが出来る。
      無駄なしで、ほぼ同一グラムでの加工が可能。これって意外に実は凄いことなのだ。
      土台がしっかりしていないと何も始まらない訳で、自分のルアー作りにはもはや欠かせぬ材料となる。
      スタートで気にせず、信頼して作業を進められる有り難さ。業者さんには毎回感謝なのです。

      後は、生かすも殺すも自分の腕次第。



      Holly Humberstone “Deep End”



      plutonium syrup




      先延ばしだった celldivision m

      0


        しらっと価格を上げていくのはどうなのって思う。
        よって、先ずは重要な報告です。

        今回よりルアーの値段、値上げさせていただきます。
        今後、発売していくルアーも同様に対応させていただきます。

        今までの低かった価格設定の見直しや、事実上材料やパーツ代が上がっていくということももちろんあるのだけれど、そんな綺麗ごとより何よりも作り手のモチベーション維持の為の一方的な値上げです。
        完全に使い手側に負担をかけてしまう形になります。
        少しでも頑張って作ろうという作り手側の気持ちを継続させる為の身勝手な判断、実行です。

        このわがまま、大変、心苦しいのですが、どうかご理解を頂ければ幸いです。




        WS(white spot)

        コロナ禍。仕事も通常に戻った。もちろん、マスクなんかはそのまま。
        新しい常識を取り入れて、色々解除や通常に戻りつつある。
        パーツが出来上がっていなかったということもあるんだけど、様々自粛の中の発売は、なんか他県を跨いでの移動や、そうすることで釣り人が非難されることなどを、自分自身が勝手に恐れました。
        そして、リリースすることで、それらを助長するかたちになるのではないかというこれまた過剰な思い込みみも邪魔をして、じっと堪え、先延ばしにしていました。


        COB(chart orenge belly)half matte

        新型コロナに関して、日やこれだけ報道されている中です。
        その影響や被害に対し、もはやたくましい想像力は必要としないでしょう。

        手にしたら使いたくなるのが普通。
        折角、作った可愛いルアーたち。
        後ろめたい気持ちやモヤモヤした感情のままでは本心から楽しめないのではないかという考えもありました。
        まだまだ終息には至っておらず、心配している人たちもたくさんいると思います。面倒でも色々と意識しなければならないことや、わずらわしいことが増えました。

        「今年は帰って来なくていいよ」と、実家側から言ってきたという会社の仲間たちの話しも多く聞きます。
        感染者数が多い地域から、感染者数の少ない地域への人の移動など、実家や故郷の人間からみたら、やはり不安になるのでしょう。
        楽しみにしていた
        H-1 GRAND-PRIXも全試合中止となってしまいました。


        SSRH(silver base stripe red head)

        とはいえ、とはいえです。以前の生活、活動を取り戻すことも大事なこと。
        新たな生活様式を上手く取り入れ、スマートに共存していくということも必要だと思います。
        いつまでも自粛自粛では窒息してしまう。大好きな釣りにも出かけて行かなければ、窮屈でたまらない。
        そして、遠征にも行きたい。
        堪らなく行きたい。

        なので、自分的な作業はほぼ終わっていたレギュラー品、相当お待たせ致しました。
        この辺でそろそろリリースします。


        今年の真冬遠征の魚。celldivision m

        今回は前回の色違いで、3色展開。

        celldivision m

        size : about 138mm
        weight : 29g ±
        price : 12000円(税抜き)

        ダラダラと書き綴ってますが、スペック、ルアー説明などは前回のこちらより。
        まあまあ詳しく書いているので是非一読どうぞ。

        来週には、手に取って見て頂ける店舗もあるかと思います。
        よろしくお願い致します。



        celldivision を作る際に参考にした様々なルアーたち。


        まだ台風も来ていないというのに各地で豪雨による水害が大変なことになってしまっていて、とても心が痛みます。
        もはや情緒的な雨などととても言えない梅雨になってしまった日本。
        川の氾濫や土砂崩れなど、災害に遭われた方々の一日も早い復興とこれ以上、被害が拡大しないことを切に願っています。


        Phoebe Bridgers “Scott Street “


        plutonium syrup




        バルサで作る意図

        0


          雨の日曜日。津久井湖へ。
          結果からいうと、6バイト、4フィッシュ。午前だけの釣果だ。
          低気圧という好条件も相まったとはいえ、津久井湖でトップオンリーとしては上出来だと思う。



          新型コロナウイルスにおける現在の釣果的私感だが、これまで人間が無神経に、自然界に生きる者たちの領域に踏み込んだが為に与える影響が、どれ程のものかと改めて思い知らされた結果となったのではないかと感じている。
          県外をまたいでの釣りにはまだ少し迷うところがある自分なので、今のところ津久井湖だけの話しだが。



          ここでは低気圧や人的圧力云々もさることながら輪をかけ伝えたいことがあって。
          それはルアーの効果。
          もはや威力と言ってもいいかもしれない。
          そのルアーの存在は、いっぱい釣れた写真を投稿すると、どんどんフォロワーが減っていくというとっても人間味あふれるInstagramでもずっと伏せていた。
          なぜなら、自分が作ったルアーじゃないから。
          といった理由でした。
          魚だけの写真でモヤモヤさせてごめんなさい。

          もう一匹は写真準備中に帰って行きました。


          そんな大それたことでもないのだけれど今回、製作者本人からの承諾も得て、現段階での成果などの公開となりました。
          それは、sweet F.A slimのバルサバージョン。製作者は察しの通りノーバイトの渡部さん。
          マテリアルをアユース(木材)からバルサに変えて色々テスト中。
          自分は横からあーだこーだと、意見を言うだけ。



          以前にも渡部さんとは一度、コラボレーションしています。第2弾ということです。(もう5年も6年も前のこととは…時が経つのは早い)
          前回同様、渡部さんの得意と理想。自分の確信と好みを合致させ即戦力になるルアーを提供しょうという試み。
          言ってしまえば、なかなかルアーを作らない自分に、業を煮やした世間の反応を考慮してということも大いにあり。


          これは少し前の魚。


          では、バルサで作る意図とは?
          単純明快。誰が使っても扱い易くする為。
          今迄のアユースではいけないということではなく、アユースにはアユースの良さがもちろんある。
          使い分けが作り手にとっても使う側にとっても良いと勝手に思っている。もちろん、自分も使い分ける。
          ご覧のように現段階でも巻き、操作と、このルアーに関しての実績は充分と感じている。
          コラボレーションの意味合い、進め方、問題点など勝手知ったる二人。
          更に詰めて詰めて見た目にも機能的にも高次元でツウにも納得いく仕上がり目指して。
          『ツウにも納得いく仕上がり』これとっても大事。
          自分が作るルアーの操作など、分かりづらいという声も聞きます。
          どういう時に使うのが効果的なのか、アクションなどはどうしているのかなどなど。
          使って釣って理解してもらうのが一番なんだけど、このコラボレーションで明快になり、みんなの釣果に貢献出来れば、二次的に嬉しい。



          これも少し前。


          全ては、このルアーの持つ実力を多くの人に知ってもらいたいと思っているからに他ならない。

          形になってお届け出来るのはまだまだ先になるかと思いますが、乞うご期待。



          plutonium syrup





          良質な勘違い

          0


            ここ数ヶ月で、打たれ弱い自分が露呈した。
            人間、楽な方向へ流されるのは簡単。けど、少しずつ以前の生活を取り戻さないと。
            そんな日々。




            目の前をゆっくりクルーズするキズだらけのバス。
            余裕の50up。

            釣りなんて所詮、分からないことが殆ど。普段の生活には必要のない能力を存分発揮して楽しむだけ。

            持て余す時間で思う。
            単純に「生きる」ということだけを考えたなら、これほど不必要なこともそうはないなと、余計なことを考える。
            しかし、人間にはのりしろや、無駄や余韻が必要ということも同時に知る。

            馬鹿だから迷うのではなく、生きることに真面目だから迷うのだ。

            ブラックバスという偉大な生き物を通じてこれからも良質な勘違いをしていこうと思う。




            上の写真はインスタで上げた先日の魚。 お尻から覗くフックガードが見えるかな?
            ちょっと見えないか。



            ハルカトミユキ『終わりの始まり』


            plutonium syrup




            新型コロナウイルスに想うこと

            0


              釣りに行こうと思ったが止めた。

              大好きな釣りだが、後ろめたい気持ちがあっては心底楽しめない。
              レンタルボート屋さんも休みのところが殆どだし、カヤックやジョンを積んで他県に釣りに行く気にはとてもならない。

              釣りも半分仕事みたいなところがある自分がこんなんじゃダメなのかもしれないけどしょうがない。
              だって、もしも釣りに行って、もしも釣れてしまったブラックバスを皆んなに自慢できないのならば、命がけでバイトしてきてくれたブラックバスに申し訳が立たないし、なにより自分的にもつまらない。
              可能性として、うつしてしまう、うつされるかも知れないという危惧はもちろんです。
              なので、私的には状況を鑑みしばらく釣りは我慢です。
              今のこの時期、釣り場を休ませることが今後いい方向に向かえばという想いも込めて。

              釣りを生業としていない人からみたら釣りどころではない人も沢山いる訳で、その辺り、想像力に乏しい人間には絶対なりたくない。

              第一線で働いている医療従事者の方など正に命がけです。
              生活必需品を取り扱っているお店で接客に従事している人たちの心労も計り知れません。
              それを考えたら少しの間、釣りに行けないくらいなんでしょう。

              その様な、休みたいけど休めず働いている人もたくさんいる。そのお陰で今のところパニックにならずに済んでいる。これは本当に感謝なのです。

              休んでいるけど、この先の補償がない人や、元気いっぱいの子供たちがある家庭など艱難辛苦に耐えないことと思います。
              一方、だからこそ自分を含め、休んでいる人はその意味をよく考えて行動すべきだと思うのです。





              自分の務める職場も、先日やっと考慮した体制になりました。
              過剰なくらいで丁度いい。
              当事者意識のない政治家を信用しない。
              本当に苦しんでいる人たちの立場になって考えられないリーダー。
              あてにするから憤る。
              人頼りにはせず、自分の身は自分で守る。

              皮肉なことに普段はなかなか感じなかったり、今まで、当たり前で見えなかった感謝も感じることが容易になりました。
              揶揄する前に、色々考えるいい期間です。

              周知の通り海の外では本当に大変なことになってしまっているところもあります。今後もそういう国が増えるかもしれない。日本も例外ではない。
              命あってのことです。
              そのように思えば、不便や今後の不安はあるものの今現在はやはり感謝です。
              またも、こういった緊急事態に何にもできない無力な自分を再確認ですが。

              先が見えない不安に苛立つ人も少なくないでしょう。
              自分もそのひとりです。
              しかし、想像たくましく考えることはできる。もっと大変な人がたくさんいると。

              だから乗り切ろう。





              この事態の世に自らの想いを伝える勇気がなかなか出なかった。
              輪を掛け、稚拙な文と薄っぺらな想いをアップするかどうか大いに迷ったけど、思い切って。

              これが今の自分の素直な想いです。


              YeYe「5th week ルーパー演奏  『STEP IN TIME』acoustic solo version 」


              長いです。時間のある方はどうぞ。
              Snail Mail covering Clairo,Paramore,Soccer Mommy and more IG Live



              plutonium syrup




              神社の池

              0


                一発大物狙いで雨の相模湖へ。
                雨の種類や量、時期にもよるだろうけど、相模湖に限って、雨が有効なのかなんて相模湖経験値が乏しい現段階では全く分からない。
                ならば、時間が許す限り現場に行って状況の雰囲気を体感すること。
                大事だと思っている。



                午後からは、みぞれの天気予報。気温もぐっと下がる。冷たい雨水が活性を妨げる前に何とかしたいところ。
                スポーニングを意識したバスが指すであろうステージングを、人間側も意識して釣りを組み立てる。
                そこがスポーニングエリアなのかどうかなんて分からないけど。
                そう、ここは気持ちの問題。
                すると、カエルが鳴いている場所に遭遇。
                潮回りは大潮後の中。気温は低いが雨。 まさかと思い正体を突き止めるべくしばらく観察。
                周辺一帯で鳴き声が響く。
                いた。
                残念、ヒキガエルだった。
                まあまあの数がいるようだ。…ヒキガエルのスポーニング…気持ち悪い。

                子供の頃、通学路にある神社の小さな池に、産卵のため、ヒキガエルが大量発生する時期があった。
                道路を隔てた向かいの山から一斉にその神社の、決して大きくない池を目指し、大集合なのだ。
                産卵場を目指し、道路を渡っている途中、無残にも車に轢かれる大量のヒキガエル。辺りは生臭いヒキガエルの死臭。
                交通量の多い道路を運良く渡り切った奴らはやがて小さな池を埋め尽くす。
                雄雌重なり合うヒキガエル。
                …道路も池も地獄絵図。
                そして、小さな池に産み落とされたこれまた大量の数珠繋ぎで透明な卵。奴らが去った後の小さな池は入れ替わりで本能の化身、卵で埋め尽くされる。
                おぞましい光景。
                勇敢な者などは、背負ったランドセルを放り投げ、その卵を素手で掬い歓喜をあげる。
                …おぞましい光景。
                ミッションを果たした奴らのその後の行方など知らない。
                やがて、産卵場所となっていたその神社の小さな池は、何年か後に埋め立てられたのだった。
                そう、トラウマなのだ。
                ヒキガエル、超苦手。

                軌道修正。
                そんな不気味な場所でチェイス。もちろんバスのチェイスだ。
                いや、バスがヒキガエルをベイトとして捕食しているかなんて全く分からない。
                結局、ヒキガエルはこの場所でしか見ることはなかった。
                そして、バスからもチェイス以上の反応はなかった。
                気を取り直し新たなエリアへ。
                時間経過とともに気温がどんどん下がっていく感じ。それは体感的にも物語っていた。
                今日に限っては暖かそうな場所ではないかと勝手に解釈。
                いつもやる場所をスルーして風や流れをプロテクトできそうな場所に釣りをシフト。
                するとまたチェイス。
                40後半はありそう。
                万全な防寒と雨対策で陥りやすい現象として、実際はかなり寒くなっているのにも関わらず、寒くないと勘違いして間違った釣りをしてしまう。自身の感覚と状況の正に温度差。
                何度か味わったミス。
                なので今日はきっと暖かそうな場所だ。 で、バイト。



                釣れた。40upの太っちょバス。
                この魚を釣る前に実は1バイト。
                2回のチェイスと1バイト。こういう積み重ねが釣果に繋がっていると思う。
                同じような場所を探して釣り続ける。
                気温は下がる一方。
                流石の寒さに耐え切れず、お湯を沸かしてカップラーメンで暖をとり空腹を満たす。
                逆にターンオーバー的な現象で浮くしかない状況になればまだチャンスはあるとポジティブに思い投げ続ける。



                しかし、そんなことは起きるはずもなく、少し早めに切り上げ終了とした。
                やっぱり一回、暖かくなってからの急な冷え込みはどうしたって厳しいよね。
                船上から見遣る高い山の頂は雪化粧で美しかったのでした。


                Phoebe Bridgers “Garden Song”



                plutonium syrup




                解禁の芦ノ湖

                0


                  カヤックで釣りが無性にしたくなる時がある。
                  しかし、なかなか出来る場所がないのも実情。そんな中でも芦ノ湖きちんと手続きをすれば問題なくバス釣りが出来る稀有で貴重な場所。
                  もちろん、時間などの規制は存在するが安全管理などを考慮すれば当然のこと。
                  関東、特に神奈川県ではカヤックを浮かべてバス釣りが出来るだけでもとってもありがたいことなのです。
                  何度か誘われたこともあったのだが、敷居が高いというか、気が進まないというか、自分には手に負えないような気がしていて及び腰でいた。
                  しかし、食わず嫌いはいけないね。生意気な事言っちゃうけど、それでは新たな世界を見ることができない。もっと早く来ていれば良かったと後悔。

                  芦ノ湖の水は超クリア。水底が丸見えで少し怖いくらい。バスがいないのもすぐにわかる。
                  条件が厳しくなればなるほど一匹の価値が上がる。そう考えればなんてことはない。
                  トップウォーターは釣れると思っちゃっているので、その部分での条件的な厳しさは感じない。しかも釣れればいいサイズだし。
                  と言う強がりを裡に秘めて。



                  そんな解禁間もない芦ノ湖へ以前から約束をしていた星子くんと行ってきた。仕事が忙しい中ありがとう。
                  毎回、悪天候に悩まされる芦ノ湖だが、今回もご多分に漏れず朝から(と言っても9時過ぎ)から強風に悩まされる。
                  カヤックを登録する時、漁協の人に無理はするなと何度も念を押されるくらい荒れる天気予報。
                  この爆風と前日の雨でうっすら濁りも入っていて、もしかしたらなんて思ってしまう。



                  しかし、やっぱり予報通りに終始強風。 結果、何もなしで終了。
                  それでも観光地なだけあってカヤックを漕ぐのが気持ちいい。



                  いつの日か釣れることを夢見て。
                  また行こう。



                  plutonium syrup





                  津久井湖オープン 2020

                  0


                    今年から参加させてもらっている津久井湖オープンも先日終了した。
                    真冬に5試合開催される大会。
                    真冬なら一発狙えるかもなんて甘い考えで臨んだら…まぁ痛い目に合いました。
                    そもそも、大会なんて興味があっても能力がないのだから。
                    常連さんからは、最近トップ投げてるおかしな奴が1〜2人加わったなって思われてただろうな。
                    でも、そのおかしな奴らが魚を持ち込んだら面白いと思うのです。
                    可能性はゼロではない。
                    でも殆どまぐれでしかなし得ないことだとも承知。



                    大会前日のプラクティスで釣れたもうちょいで50upの49cm。



                    お腹パンパンのスポーニング絡み。
                    ルアーはsweet F.A slim.



                    たらればだけど、こいつが試合本番で釣れていたなら面白いことになっていたでしょう。
                    また、来年。



                    Haim “The Steps “



                    plutonium syrup




                    得意で信じ切れる釣りを貫き通す精神力

                    0


                      インスタばっかりで滞り気味になってしまっているブログ。誰しもが予想していたと思うけどいけないよね。ごめんなさい。
                      ということで久々に近況など。
                      相変わらずルアー作りそっちのけで釣りばっかり行っています。
                      今冬は釣りをしていても全然寒くない日が殆ど。自分的には真冬、厳寒期のあのキンキンに冷えきった空気感を期待していたので少し拍子抜け。なので真冬の完全防備の服装ではまだ釣りをしていない。とはいえ普段の生活はもとより、身体に優しいのは確かかもね。


                      大会絡みということも大いにあり、毎回レンタルレイクなんでほぼ釣れてません。
                      釣れていない情報はインスタの方で確認してもらって、ここではまぐれにも釣れてしまった釣行の時のお話を二つ。



                      先ず、2月14日の相模湖。
                      1月20日にも行っていてこの日はチェイスのみで終わり。
                      サイズは多分、40ちょいぐらい。ちょっと深めでのチェイス。終了1時間前ぐらいだったので思うように展開出来ずでこの日は終了を迎えた。
                      いちいちインスタでも触れていはないけど、相模湖に関しては毎釣行バイトやチェイスがある。
                      1月でもチェイスがあるなんてその辺りが下流の津久井湖とは大きく違うところ。
                      因みに今の津久井湖は、去年の台風と大雨の影響がまだまだ残っていて満水の上、ショアラインには多くのゴミや流木が居残っている。
                      この状況、トップの釣りにはとても分が悪く、なおかつテクニカルな釣りが求められる。出来る場所がある程度限られていると言った方が分かりやすいか。
                      話しを戻して14日の相模湖。
                      この日は朝からとっても暖かかった。もう準備で汗だく。一応、2月だってことでそれなりに着込んでいたのが的外れ。 何枚か服を脱ぎ捨て、その1月のヒントを頼りに朝一からチェイスがあった場所にエレキ全開一直線。
                      素直にこれが良かった。
                      開始10分ぐらいでチェイス。やっぱりこの辺りだなと思えた。
                      更に釣り進み深場隣接、レイダウンと倒木が複雑に絡むシャローでバイト。
                      倒木を乗り越えて何とかランディング。



                      40半ばのブラックバス。
                      ルアーはcelldivision m.
                      バイトしてきた場所の水深は1mないくらい。派手なバイトではないが、いい場所にしっかりフッキング。



                      こりゃバレないな。
                      この魚をヒントに急深の岩盤狙いだけではなく、同じようなストラクチャー+シャローな場所にもキャスト。
                      しかし、それから40分程して訪れた2回目のバイトは目に見えるストラクチャーがない場所。日が当たり水深もそれ程ないと思われる、いかにも春っぽい場所?
                      分からないけど。でした。



                      サイズダウンで40有る無し。
                      上唇がちょっとかわいそう。



                      ルアーはまたまたcelldivision m.
                      多分、その場所を見たら殆どの人が2月にこんな場所で釣れたんだって感じると思う。そんな場所。

                      そこそこ冬に釣っていてもまだまだ分からない事ばかりだ。
                      そして、いかに人間が勝手に決めつける先入観が釣りを窮屈にしていることか。 フィールドに来て辛い思いを沢山してやっとこさっと釣っているから分かること。まぁ、この日は暖かだったってこともあったのかも。
                      分からないけど。
                      その後も本湖をぐるぐる周ったり川筋に入ったりと色々試したが何もないままタイムアップ。
                      結局、良かったのは朝の短い時間だけだった。






                      そんでもって、2月16日の日曜日。
                      大人しく作業の予定だったけど、天気予報を見たらこりゃ行くしかないでしょうって予報。
                      ってことで久々の三島湖。
                      急遽ってことで準備もそこそこ、完全寝不足状態で出船時間頃に到着。
                      雨の中チャチャっとカヤックでの準備を済ませ湖上へ。
                      三島湖も全然寒くない。調子狂うわ。
                      日曜日だし、こんな天気ってことも手伝ってかトップらしき人達が何艇かいる。エントリーの対岸でしばしそれらの動向を見る。
                      すると、全員が上流に向かった。それを見送って自分は下流方面へ。 上流方面での雨効果が出るのはまだ早いと思っていたので好都合。
                      で、早速一匹目。
                      インターセクション流れが当たる岩盤。よく釣っている場所で思い通りのバイト。



                      40ちょい。ルアーはここでも
                      celldivision m.
                      他のルアーも投げてるんだけどね。何故か反応があるのはみんなこれ。自然と竿の先にぶら下がっていることも多くなるってもんだ。
                      因みに朝一、上流へ行ったとしても打つ場所ややるべき場所、反対にやらなくていい場所は決まっている。結局、そういうことです。
                      釣れるかどうか分からないけど。

                      更に釣り下る。
                      と、ここで上流から下ってきた仲間と遭遇。情報交換して互いの健闘を祈りそれぞれ想う場所へ。
                      自分はもと来た上流方面へ。
                      実績場所、運良く人がいなかったので流す。で、バイト。が、乗らず。
                      なんとも頼りないバイト。活性低下か…。
                      嫌な予感。
                      雨効果を期待して更に上流。
                      水がどんどん悪くなる。雨の濁りのそれとは違う嫌な感じ。
                      インレットやちょっとした流れ込みにも魚はついておらず。相当、打たれているのだろう。見切り、下る。
                      先行者がいて行きには入らなかった川筋に入る。
                      水位がないのであまり奥までは行けない。だとしたら、あそこの岩盤のレイダウンしかない、と想像する。
                      で、やっぱりそのレイダウンでバイト。狙い通り。



                      ルアーはcelldivision m.
                      でもサイズが…40を切ってしまう。
                      ランディングして直ぐにネットの中で針が外れる。決して活性は高くはないのだろう。
                      贅沢なのかもしれないが、この時期、この天気でこのサイズだとがっかりしてしまう。いいのが釣れるとわかっているだけに。
                      時間もあまりないのでボート屋さん付近の水深があるエリアを選んで流してみたが期待とは裏腹、追加とはならず終了となった。





                      こうして2タイプの湖で、それぞれ真冬の釣行を思い返してみてもやってることは通年変わらない。
                      そして、やっぱり自分の得意な釣りを終始貫き通している。
                      季節に振り回されることなく信じた釣りをするだけ。
                      至極シンプル。
                      技術的にこうしたほうがいいなんて野暮な事を言うつもりは毛頭ない。
                      他の人が同じ日に違うルアーでやったらもっと数もサイズもいいバスが釣れる可能性もある訳だし。
                      自分は他人になれないし、他の人は自分のようにはなかなかできないもの。人の真似をするのはしんどいし、本物じゃないような気もする。
                      更に、いわゆる冬の定番ルアーを上手くアプローチ、アクション出来ず違和感を覚えるのならば、それは使わず、シーズンを通して自分が信頼できる道具やルアーを使った方が自然だと思うのです。
                      では、結局のところどうしたらよいか…。
                      『得意で信じ切れる釣りを貫き通す精神力』
                      です。
                      そう、タイトルにあるように。
                      技術は二の次です。

                      昔、言われていたことが最近は覆されることが多くある。
                      鱸は夜にしか釣れないとか、メバルなんかもそう。
                      何々はルアーでは釣れないとか…。
                      例を上げればきりがない。
                      学校で教えてもらったことも最近では実はそうではなかったなんてこともある。
                      冬のブラックバスとて同じこと。
                      概念や固定観念を払拭する勇気だと思うのです。
                      …まあ偉そうですね。
                      でも、想うのです。このブログに目を通してくれた人の釣りに少しでも役立てばいいと。





                      余談です。
                      インスタで釣りに行くたび毎回やっている
                      「果たして」
                      とか、本当はやりたくないのよ。
                      まあまあのプレッシャーだし釣れればいいけど釣れないことが殆どだからね。
                      ヘタクソだって思われるし、みっともないし、恥ずかしいし、惨めだし。
                      何よりメンドクサイ。
                      じゃあやめればいいじゃんって声があちこちから聞こえてくる。
                      全くその通り。誰に頼まれた訳でもないし、釣りに行ったことなんて毎回伝えてなくたっていいじゃんってね。
                      でも、釣れていない釣りも真実であり、立派な釣り。
                      いきなり釣れたよって投稿するよりも苦悩している様や過程も伝えるって何よりリアルでしょ?
                      いいとこだけ切り抜くスタイルはどうも苦手。
                      だから結局、気が変わって嫌になるまでやるんだけどね。
                      めんどくさいね、なんでだろう。
                      分からないけど。



                      Winona Oak
                      “Break My Broken Heart “
                      (official stripped performance)



                      plutonium syrup






                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>
                      selected entries
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM